Borderless

新しい時代の生き方を模索し旅をする。その中で感じたもの、日常を綴る。

カテゴリ:スペインにて > 料理について

いよいよ明日。 私は午後2時、マドリッドの空港から日本に帰る。 この何日かは本当にゆっくり出来た。 サンティアゴ・デ・コンポステーラから電車で5時間半。自転車だと一体何日かかるのだろうか。そんな事を考えながら車窓から、流れる景色を見ていた。しかし、平原が ...

オンダリビアにて最後の日を迎えた。 いろいろ書きたい事はあるが、まずはこのレストランの事を書いておかなくてはならない。 最終日の前日。ALAMEDAのフルコースをご馳走になった。 今までずっと厨房で試食をしていた筈なのに、きちんとテーブルにつき、こうして食事をす ...

土曜日の夜は、仕事終わりにCafe Irunへ。前にも来た事があるのだが、土曜日の夜に来たのは初めて。ライブが行われていて、盛り上がっている。内装も丁寧に作り込まれていて、ごちゃごちゃしているようでスッキリとした、とても洒落たものだ。どこか誤摩化しの張りぼての ...

昨日はGurutze-berriというレストランへ。 サンセバスティアンの料理学校を設立したルイス・イリサール氏と、函館のレストラン・バスクの深谷氏が、昔働いていたというレストラン。その二人はここで出会ったのだと言う。 オイアルツンという片田舎にポツンとあるホテルレス ...

この間の休みは勉強を兼ねて、サンセバスティアンにあるレストラン、Arbelaitazへ。 山の服しか持たない私だが、こういうレストランに入る為に、襟付きのシャツを買ったのだ。 日本でもこのようなレストランに入った事は、殆どない私にとって、とてもいい経験となった。 M ...

今日はこれからまだ仕事も残っているが、すでに充実した日だ。 最近は、朝ではなく、昼の仕事を終えてから、40分程歩いている。ストレッチやチベット体操も欠かさない。 しかし、体調が良くなってきたのか、旅を目の前に燃えてきたのか、どうしても走りたくなって、今日は ...

一日に二度もブログを更新する。 暇なんじゃないの?という、貴方の予想を裏切ることなく、暇である事には違いない。 ただ、今しがた、一人晩飯に在り付こうと、時折行く、ムール貝が売りのレストランに行ったのだが、色な発見(?というより、思い出しか。)があったので ...

このページのトップヘ