IMG_1015

台風の去った昨日。家の近所を歩いていると、今年初めて、金木犀の香りがした。
気がつけば一ヶ月以上、ブログを放置してしまっていた。いつもの事だが、この一ヶ月で色んな事があった。三軒茶屋でのラテンフェスティバル出店。ずっと探していた下北沢での出店。そして神田錦町での出店。少しずつだが、出店場所が増え、何とか一週間の出店場所が出来た。それまでは、友人のガラス屋の仕事、造園の仕事、派遣の仕事などもした。
そして、とうとう東京に部屋も借りた。友人の部屋を借り、友人の駐車場を借り、仕込みには友人の店を借り、いい加減借り暮らし過ぎたこの一ヶ月。本当に有り難く、引越するときは、少し淋しくならないだろうかと不安になるほどだった。
引越先は和泉多摩川という、よく昔バーベキューをしに来た多摩川の畔。不動産屋に行って一日で部屋を決め、4日後には引っ越した。
ワクワクするような場所に住みたい。今まで私は何度と無く引越を繰り返してきた為か、今度はどこに住もうかと考えたが、時折一人でも訪れる、この街に引っ越す事にした。駐車場もついているのにも関わらず、下北沢周辺よりも家賃が安いし、これで仕込みも随分と楽になった。
車に住み全国を旅しながら料理を作る。旅をしながら暮らす事は、もちろん諦めたわけではないが、それには少々時間がかかるようだ。今は東京での仕事が多いし、やはり仕込みまでは車では中々難しい。とりあえず、ベースを作り、ゆっくり立て直すことにした。
予想通り、笑ってしまう程、仕込みなどが楽になった。生活や遊びの道具も一旦部屋に移す。車の中もスッキリして仕事も断然しやすくなった。

何も無い部屋。そこにロングボードと、買ったばかりの無印良品の安ベッド。それだけが置かれた部屋に自分が入る、という事だけで引越は完了。もともと荷物は無いのだ。だが、色んな友人が、色んなものをくれた。ちょうど同棲を始めるからと、洗濯機やテーブル、TV台、冷蔵庫、電子レンジ、ガステーブルなどをくれた友人。テーブル等を取りに行くと、見た事のあるテーブルだった。私はスペインに行く前、すべて一気に処分し、誰に何をあげたのか、すっかり忘れていたが、これは私が友人にあげたテーブルだった。TV台も姿見も、布団もラグマットも私のものだった。それらを部屋に運び込むと、まるでスペインに行く前の私の部屋にそっくりの部屋になった。
TVは、また違う友人がくれた。取りに行くと新しい液晶テレビ。一人暮らしには充分な大きさで喜んでいた私は、あとはDVDプレイヤーを買い、久しぶりに映画を観ようと思ったら、なんとそのテレビにはブルーレイまで観れるプレイヤーが内蔵されていた。こんなものを貰っていいのだろうかと躊躇するほどだ。今度飯でも奢るよ、とありがたく頂いた。
名古屋からの友人からは、炊飯器やトースター、お洒落なミルクパンまで頂いた。あと買うもの、、、と探してももう必要なものは見当たらなかった。すべて頂き物で、立派な部屋が出来てしまった。
なんということだろう。もう謙遜するのはやめよう。私は友人に恵まれている。本当にありがとう。

朝、自分で作った炊きたての白米とみそ汁を飲む。どれくらいぶりだろうか。買ったばかりの茶碗にご飯を装う時、何とも言えない気持ちになる。旅もいいが、こんな暮らしも悪くない。

昨日は、神田錦町の営業だったが、かつてミニマルで働いてくれていた友人や、東京に出張で来ていると言う、名古屋不良時代の友人、下北沢からの友人も遊びにきてくれた。営業が終わり、その友人たちを車に乗せ、下北沢まるにてお疲れ会。思いのほか呑んでしまった。楽しい一日。夜の東京ドライブ。神田での営業の帰り道。ああ、ここは東京なんだ、と感じるドライブだ。

今日は 下北沢での営業。その為の仕込みを終え、ようやく、こうやってブログを書ける時間を持てた。
水出し珈琲の水を足しながら、これを書いている。
ここ最近、自分が何をやればいいのか。どうなったらいいなぁ、と思っているのか。そんなことを考えた。きちんと考えた。そして、今、何の為に今を生きているのか。気恥ずかしいし、余りにもそれを言葉にすると、大切なものが遠ざかりそうで、ここには書かないが、私は、私が分かった気がする。
夢。確かな目標に似た夢。それを見つけた。
もし、それが叶ったら、これが夢だったのだと告白しよう。

今に集中する事。これが今の課題です。