P1080034

久しぶりの更新。
Facebookには、ちょこちょこ情報を上げているのだが、中々ブログを書く時間がない。
今は、Sobrado dos manxesという町にいる。久しぶりに少しだけ大きい町。ここ数日、本当に村という村ばかりだった。
IMG_4698

IMG_4699

ここは、何だかオンダリビアを思い出す町並みだ。とても綺麗な町。そして大聖堂の中にアルベルゲがある。もちろん2段ベッドの簡易的な宿だが、これはある意味とても贅沢な宿だ。どれだけ金があろうと、巡礼者しか泊まれないのだから。

今日も山道を歩いた。自転車を引きずって歩いた、といっても良いだろう。ここ数日の雨で、道は川のように水浸しだ。自転車を漕ぐと言うより、押して登り、下りになると跨がる。そんな旅だ。
今日は細かい事を書くのはよそう。とにかく毎日そんな道のりを50kmほど進んでいる。
IMG_4615

何日か前の町では、無理をしてやっと着いたが、中々宿が見つからず。やっと見つけた宿でパスポートを調べられ、データが出てこないので泊まれないかもしれない事態になったり。
運良く、親切な女性が泊めてくれた。その日は、自転車ごと吹き飛ばされそうな強風で、まともに自転車にも乗れず、歩いてその町にたどり着いたのだ。もうこの天気でテントは無理だし、何しろ町に着いたのでテントを張る場所もない。日ももう暮れそうで、もう体力的にも動けそうにない。そんな中、宿を探して2時間歩いた。
P1060011

とにかく腹が減る。すごい運動量なのだ。しかし、そんなに食料を積んで移動は出来ないし、かといってちょうどいい時間帯にバルに入れるわけでもない。なんとかボカディーヨを作ってもらうことも多い。これが無茶苦茶にデカい。フランスパン半分くらいあるのではないだろうか。乾いた喉に、乾いたパンを突っ込む。もう贅沢は言ってられない。とにかく全部喰う。普段なら2食分ではなかろうか。しかし、それでも、どんどん痩せて行く。シャワーを浴びる時に、ふと自分の身体を見る。これ以上痩せられないくらいガリガリだ。筋肉も硬直し、筋張った鶏のようだ。
P1080028

さあ、しかし、サンティアゴコンポステーラは目の前。自転車のメーターは、あと数キロで1000km。
明後日の昼頃。サンティアゴ到着予定だ。
P1080036

そして、私は一度、日本に帰ろうと思う。
このまま、日本に向かう旅を繋げるつもりだった。しかし、一旦、このスペイン横断で旅を終えようと思う。
理由は色々ある。ただ、一番の要因は、何だろうか、焦りがあるのだ。急がなければ、という想い。
ゆっくり気ままに旅をするのが目的だったのに、何故こんなに焦るのだろうか。
他人事のように言ってしまうが、私は日本に帰りたいようだ。私には会いたい人がいる。そして、今、会わないといけない気がする。
何だか、今度日本に帰ったら、2度と異国に来られない気がしていて、それならばと予定を詰め込んだが、考えてみれば、またいつだって来れるのだ。何だろうか、本当に色々と焦っていた気がする。

この旅をしながら、焦ってもどうしようもない山道の中で、また色んな荷が降りた気がする。そして、なんだか、あ、俺は日本に帰ってもいいんだ!と、当たり前の事を、あたかも閃いたように思ってしまった。

私は誰にも縛られているわけではないのだ。帰りたい時に帰り、旅をしたい時に旅をする。眠たくなったら眠るし、食べたい時に食べる。
また、どれだけ日本にいるか分からない。そして、またいつ、旅が始まるのかも分からない。私だって何も分からないのだ。とにかく、自分に嘘をつかずに生きよう。
今までも随分と、勝手気ままにやってはきたが、人にも自分にも、いっぱいの嘘をついてきた気がする。もうやめよう。そして、今までの嘘を、この巡礼の旅で、全部忘れようと思う。自分を許そうと思う。

娘の誕生日。17日に日本に帰ろう。息子の小学校の入学式に、スーツを着て出よう。ランドセルを買ってやろう。
いろんな旅がある。これからもきっと。
なんだか、そんな事が決まったら、周りの風景が少し変わった。そんな気がする。
P1080031