IMG_4170

もう11月も終わり。
残すところあと3週間ほどだ。
随分続いた雨も上がり、朝日の気持ちいい日が続く。

ここ最近の生活。
なんだか、カタコトスペイン語も慣れてきたし、意思の疎通は、随分出来るようになってきたと思う。
もう、来たばかりの頃を思い出せなくなっている。
ユースホステルで会った子達の会話を日本語で憶えているが、どうやって会話していたのだろうか、とふと思うときがあるのだ。
最近は、お気に入りのバーで一人呑みをしたり、海沿いを散歩したり走ったり、自転車で少し遠出してみたり、旅の準備やこれを書いたり。
IMG_4152

この間の休みは、感謝祭だと言って、ミヤという女の子が、大きな七面鳥を焼いてくれた。
ソシエダと呼ばれる美食クラブの台所を借りて皆で食事を楽しんだ。
その後、皆でドノスティに繰り出し、朝まで踊り明かす。
足が痛くなる程踊った楽しい夜。
IMG_4158


IMG_4168

仕事も楽しく、この間は賄いで10合の炊き込み御飯を作った。
慣れない鍋でやったので、少々水っぽくなってしまったが、故郷の味だ。懐かしく思った。
その前の木曜日には蕎麦。私たちのメサが賄い当番の時には、和食が多いのだ。
そして、それを食べる皆を見ていると面白い。
蕎麦を喰いながら、やはりパンを食べているし、炊き込み御飯にチリソースをかけたりと、各々自由に食べている。
IMG_4165

ここバスクで11月からはジビエのシーズン。
初めて見たヤマシギが捌かれている。食べる、という事は、本来、こういう事なのだ。


身体の方だが、蕁麻疹は治らない。水を変えて一時治ったかと思われたが、やはりまた出てきた。
だが、そんなに気にもしていない。
もう、レストランの間では、もうネタになっている。
差し入れのように、美味そうなものが出てくると、嬉しそうに『マコ、これは蕁麻疹に良くないぜ』なんて言って笑っている。この間のPimiennto verdeもネタになっているように。
本当、旅をしてたらすっかり治ると思うのだ。気にしたら負け。環境を変える。それに尽きるのである。

しかし、水を変えてから肌つやは良くなったようだ。
前から、随分乾燥すると思っていたのだが、天候のせいだけではなく、水にもあるようだ。
蕁麻疹は出るが、水は相変わらずミネラルウォーターを飲んでいる。

ここの水は硬水だ。日本では硬水はダイエットに良いなどと言われているが、こっちには太っている人が沢山いる。おそらく硬水がダイエットに効くという話は出任せである。
そして、肌には良くないのではないだろうか。そんな気がする。

一度、コーヒーも飲み過ぎなのでは、と紅茶に変えていた。
ここでは『テ』というのだが、何だか注文するたびに、変な違和感を感じる。どうしても『テー』とか『ティー』と伸ばしたくなってしまう。

この間、バルのカウンターで、透明なグラスに入った湯の中に、紅茶のティーパックを入れて、ゆらゆら動かしていると、横にいるちょっと変わった小さなおじさんが、そのゆらゆらをジーッと見ている。
なんだか面白くなって、ずーっとゆらゆらさせてやった。
少し早くしたり、またゆっくりしたり、ぐるっと回してみたり。随分、反応の良いおじさんだった。


ここ最近、めっきり冬模様。外の気温計も3度だったりすることも多い。
近いからと、出勤するときは薄着なので、めっぽう寒い。背中を丸めて入ってくる私を見て、同僚たちが、寒いのか?サンティアゴはもっと寒いぜ、と笑う。

しかし、本当に少し寒がりになったようだ。太っていたときは、あんなに暑がりだったのに。
こんなに体感温度という奴は変わるものなんだなと、感心する。
寒い地域では、脂肪も大切な着物なのだ。
いつでも痩せられるのだから、少しくらい脂肪もつけておいた方が良いのでは、と思ったりもする。
体重計に乗っていないので、はっきりとは分からないが、現在57kg程だろうか。もしかするとそれ以下だ。


最近も映画はよく観る。
最近観た映画は『銀のエンゼル』。
地味だが、温かい物語。ほっと感動した。
友達が出演している『SEESAW』も良かった。
今は、同じ国の同僚から借りた『タイガー&ドラゴン』を見ている。意外にも面白い。
ここスペインで日本のドラマを見ているなんて、なんだか、ほっとする瞬間でもある。
元々、邦画が好きであるが、以前にも増して邦画を観ている気がする。
日本語は美しい。

明日は、珍しく土曜日の夜がお休みなので、また他のレストランに勉強に行く予定。
今回は、伝統的な料理が味わえるレストランという事で、非常に楽しみだ。


まあ、とにかく、そんなこんなの毎日。楽しくやっている。
そして、もうすぐ始まる旅に、ワクワクしながら。
たまには、こんな日常も。
以上、最近の私です。