P9300184

今日、色々と考えていた事が、しっかりと決まった。
少し予定より早くなったが、今年12月、このレストランがバカンスに入ると同時に、私は旅に出る。
サンティアゴ・コンポステーラに行き、その後、そのまま日本に向かう長い旅に出る事にした。
日本に向かうと言っても、約1年の旅。途中、素敵な所があれば、しばらく滞在するし、レストランで働くこともあるだろう。

蕁麻疹のおかげで、随分また色々と考えさせられた。
それでなくとも、この半年は本当にいろんな事を考えた。
自分。自分らしさ。自分のしたい事。
それらをまた、掴んだようだ。もちろん、料理も勉強になったし、いろんな出会いもあった。

また、新たな場所へ。私は旅をする。

今日、その事をレストランの人に伝えた。Muchas Graciasと。彼も、こっちこそありがとう、と言った。
そう決めてから、もう見慣れたこの景色たちが、あと2ヶ月でお別れなのだな、と見え方が違って見える。もう、どこか懐かしいような、感傷的な気持ちにも似た感覚。

何もまた、真冬に旅立たなくても・・・と自分でも思う。
しかし、それが私なのだ。思い立ったら止まらないのだ。思えば、東京にやってきたのも真冬だった。寒い中、バイクを飛ばしてやってきたのだ。
初めての山も真冬だった。
なんだろうか。私は、真冬に何かを始めたくなるらしい。

さあ、冒険だ。冒険の準備に、この2ヶ月は、またバタバタとするだろう。
ゆっくり休めなかったから、蕁麻疹が出たのではない。ゆっくりしたから出たのだと思う。
もう、こうと決めたら、蕁麻疹も吹っ飛ぶに違いない。
P9300181

まずは、サンティアゴ・コンポステーラ。そして、フランスを横断し、イタリアへ。
イタリアではアレサンドロと落ち合う。
そうそう。昨日、アレサンドロから、Skypeで電話があった。元気そうだ。スイスの料理学校からだった。今日から学校が始まったらしいが、初日は何だか退屈だ、と笑っていた。
外に出ると素晴らしい景色が広がっているらしく、それを私に見せようと、何度もパソコンを持って外に出ようとした。電波が途中で途絶えてしまうらしく、見れなかったが。マコがイタリアに来たら、車で見に行こうと言ってくれた。
いつ頃、イタリアに着くのか見当もつかないが、もうすぐ春が来るね、などと言う頃だろうか。
P9300180

もう、山に行く時にしか履いていない、このブーツがやっとまた主役になる。
私が、スペインに旅立つ前、長い旅になるだろうと、新調したブーツだ。ずっと歩くかもしれない、仕事が決まらず放浪するかもしれないと、このブーツを買った。
それが、こんなに素敵なレストランで働く事になり、そしてまた自転車で世界を旅する事になろうとは。
自分で言うのもなんだが、実にロマンチックである。

このところ、私は部屋でじーっと、ブーツを眺め、自転車を眺め、旅に心を馳せていた。
それが、もう目の前だ。
ここは実にいい町だ。そしてここは、実にいいレストランだ。
だが、私は旅に出よう。また出かけよう。

そして、また新しい日々を。
自分の足で往き、自分の手で掴むのだ。
IMG_3843