2012-09-24 11:35:53 写真1

昨日から今日にかけて丹沢に登ってきた。
昨日はずっと雨。
雨の中、尊仏山荘を目指す。
ヤビツ峠からのルートは初めてだが、とても良い山路だ。
こじんまりとした道に、クサリ場もあり、晴れていたらきっととても良い景色も見えるのだろう。

いつもながら、ほとんど寝ずの登山。
いつも登り始めが辛いが昼飯を喰ったあとから本領発揮。
2012-09-24 11:41:51 写真1

昼飯はお洒落にジェノベーゼのパスタ。帆立のスモークものせてみた。
途中の休憩小屋を借りての昼食。雨が本降りなので助かった。

午後三時に山頂へ。休憩も入れて約五時間。
前にも来た山荘で一泊する。

半年ぶりだったが、小屋のご主人は覚えてくれていた。
何だか嬉しかった。
持っていた自家製のビーフジャーキーも、美味しいと食べてくれた。
晩飯どきになると、奥の住居に招かれ、晩飯までご馳走になった。

芋焼酎のお湯割を呑みながら、餃子やポテトサラダ、ご主人が漬けた生姜の甘酢漬け、唐揚げに、高菜チャーハン。

とても美味かったし、親戚の家に遊びに来たかのようだ。
三人の小屋の人と、他のお客さん一人と俺の計五人。
相撲を見ながら飯を喰った。
もう一人のお客さんは、なんと愛知県半田市の人だった。不思議なご縁だ。

ろくに寝ずに山に登った為、8時位に睡魔に襲われ、居間で寝てしまったようだ。
ご主人に起こされ、部屋に戻った。

もう少し、山の本でも見ながらゆっくりしようと思っていたのだが、そのまま寝てしまった。起きるともう外は明るい。
時計を見ると朝の6時過ぎだ。

10時間程、寝ていたようだ。驚きの睡眠。ぐっすり眠った。

朝、起きてから外でインスタントのうどんを喰う。今日は晴れて、富士山も見えている。この山頂の景色は絶景だ。
2012-09-24 12:11:10 写真1

前に登った富士山も綺麗に見えた。

喰っていると、鹿が二頭やって来た。
もう立派な角が生えている。近くまで寄って来たので、何枚か写真を撮った。中でも冒頭の写真は、何だかとても縁起の良さそうな一枚だ。

そのあと、近くに美味しい水が飲める水場があるというので、小屋にザックを置いたまま、水汲みに行った。
2012-09-24 12:17:07 写真1

とても美味しい水だ。
来てよかった。

8時半頃。下山開始。
この間来た時にはいなかったお爺さんと、最近働き始めたという、京都の若者とが見送ってくれた。
もう疲れたというご主人は二度寝すると言って二階に上がっていた。面白い人だ。

もう一人のお客さんは先に下山していた。月に三回は小屋に来るという。また会えるだろう。

たいして予定も立てていなかったが、二時間で降りてしまった。
前回登った時より格段に早い。また自信がついた。
2012-09-24 12:35:14 写真1

ヤビツ峠から大倉まで。いい登山だった。
単独登山も良いが、この山はまた誰かと来たい。そんな山だ。
そしてまた尊仏山荘に連れて行きたい。

少し早めだが、バス停近くの蕎麦屋に入った。
2012-09-24 12:27:17 写真1

十割の蕎麦と日本酒。山帰りにマリアージュを味わった。
贅沢な山旅だ。

今はほろ酔いで小田急に揺られ、下北沢に向かっている。
くせになりそうな丹沢。また近いうちに来よう。

前に来た時は、丹沢山が目的だった為、塔の岳ではいつもの写真を撮っていないなーと、一枚撮ってもらった。
寝起きの一枚。何だか初々しくて載せるのも恥ずかしいが、載せておくよ。

最高の休日でした。
2012-09-24 12:33:23 写真1