日曜日。昼前に起き、奥多摩へ向かう電車に乗った。

それぞれバックパックを見ているだけで人の個性がでるものだ。見ていて楽しい。

今日は6人、テント4張のキャンプ場でのキャンプ。
天気も良く、最高のキャンプ日和。
キャンプ場についたのは3時頃だったか。

連休もあって沢山のテントが建ち並んでいる。
これだけでも俺にとっては嬉しい光景だ。
ポツンと一つのテントも好きだが、人の装備をいろいろ見るのは何だか雑誌を見ているかのようだ。

俺と同じピルツの人もいたし、河原の石を焼き、その上で肉を焼いているソロキャンパーもいた。
何となくバーベキューを楽しみに来たという感じの若者の団体からソロキャンパーまで、いろいろな人達がいる。


今まで日曜日から月曜日にしかキャンプに来てないので、こんなにテントがいっぱいのキャンプは始めてだったかもしれない。
なかなか良いものだ。


今回は、様々なスパイス、調味料を持って行き、何でも作れるような装備。かなりコンパクトにまとめられて満足な俺(笑)


夜は皆でバーベキューとイモ煮を作った。薪を焚いて作ったイモ煮は本当に美味かった。

すごい勢いでジャックダニエルを飲み干したW氏は記憶がないらしく、食べたはずのイモ煮を食べていないと言って聞かなかったが(笑)

酔いつぶれてひん曲がったテントの中で寝る彼を横目に焚き火を囲み、くだらない冗談話から少し真面目な話まで、夜は更けて行く。


俺もキャンプの時、普段はそれほど呑まないのだが、この夜は結構呑んだと思う。

深夜1時頃、いつもの黒い三角テントに潜り込んで、川の音を聞きながら眠りについた。